仮性方形は矯正リングは効果なし?リスクや注意点を徹底解説!

仮性方形は矯正リングで治る 包茎の悩みや知識

(※本ページはプロモーションが含まれています。)

包茎の矯正リングとは?どんな種類があるの?

包茎を矯正するための器具に、包茎矯正リングというものがあります。

これは包皮を剥いた状態でペニスに固定するリング状のもので、インターネットで様々な形状や材質のものが販売されています。

しかし、包茎矯正リングは一時的な解決策であり、根本的な包茎の原因である余分な包皮の長さを改善するものではありません。

つまり、包茎矯正リングを使用することで一時的に見た目は改善されますが、余分な包皮が短くなるわけではありません。

とは言え、包茎矯正リングは手術をしなくても手軽に試すことができるため、多くの人に購入されています。

ここでは、包茎矯正リング以外にもよく利用されている包茎矯正グッズの代表的な5つを紹介します。

包茎矯正グッズ1:下着タイプ

包茎矯正用の下着です。

リングが下着に一体化されており、ペニスを通して亀頭を露出させるため、余分な包皮は根元に引き下げられます。

包茎矯正グッズ2:テープタイプ(非ジェル/非接着剤タイプ)

この包茎矯正グッズは、医療用素材で作られたテープを使用しています。

テープの一端を包皮の先端に貼り付け、もう一端をペニスの根元に貼ることで、亀頭を露出させます。

包茎矯正グッズ3:リングタイプ

このタイプは、包皮を剥いた状態でペニスにリングを装着し、亀頭が露出した状態を維持します。

リングにはC型やO型の形状があり、シリコン製や金属製などの素材もあります。

包茎矯正グッズ4:ペンチタイプ

このタイプの器具は、包皮と亀頭の間にペニスを挟むように装着し、包皮を広げることで亀頭を露出させます。

使用時間は1日に数回で、20分から40分程度が推奨されています。

ただし、装着時には体の動きが制限されるため、真性包茎の人にはおすすめできません。

包茎矯正グッズ5:ジェルタイプ

これは器具ではなくジェルであり、包茎の矯正を目的としています。

包皮の伸縮性を改善するとされており、リングタイプの矯正器具との併用が推奨されています。

ただし、医薬品ではないため、実際の効果は不明です。

 

矯正リングは仮性包茎に効果なし?

包茎矯正リングを使用しても包茎が完全に治るかけではありません。

包茎の原因は、包皮に余りがありため亀頭が隠れることです。

つまし、包皮の余りがある限り、包茎は改善されません。

ですから、どれだけ長い期間包茎矯正リングを使っても包皮の余りがなくなるわけではありません。

したがって、根本的に包茎を治すことはできないのです。

さらに、以下のようなリスクもありますので注意してください。

仮性包茎に矯正リングを使う時のリスク

陰茎が締め付けられてうっ血して、壊死する可能性がある

包茎リングを使って剥き癖を付ける場合には、余分な包皮をペニスの根元に集めて亀頭の下部に装着します。

その際に、固定しようとして強く締め付けることもあるかもしれませんが、注意が必要です。

そのまま強く締め付けると、リンパや血液の流れが阻害され、ペニスがうっ血する可能性があります。

その結果、亀頭の一部が壊死してしまう可能性も考えられます。

輪ゴムを指や手首に強く巻きつけるイメージをすると分かりやすいかもしれませんね。

包茎を治すことに夢中になっていると、うっ血に気づかずにいるかもしれませんので、十分に注意が必要です。

また、ペニスの血流に異常が起こると、持続勃起症を引き起こすこともあります。

持続勃起症には、緊急な治療が必要な場合もありますので、軽視することは避けるべきです。

余分な皮が、さらに伸びて包茎が悪化する

通常、ペニスの包皮は伸縮性があり、ペニスの勃起や縮みに合わせて自然に伸び縮みします。

しかし、包茎矯正リングで包皮が固定されると、包皮の伸縮が制限されてしまい、ペニスの伸び縮みに無理な力がかかってしまう可能性があります。

これにより、逆に包皮が余計に伸びてしまうおそれがあります。

このような状態では、包茎の矯正効果が逆効果になってしまう可能性があります。

おしっこが出にくくなる(排尿障害のリスクがある)

ペニスには、尿が通る「尿道」があります。

尿道は、ペニスの裏側にあって触れると柔らかい感触があります。

勃起すると、特に尿道部分が柔らかさを感じられますので、その点でも分かりやすいです。

触っていただければ、尿道が表面に近い位置を通っていることがわかるでしょう。

そのため、包茎矯正リングを使用し包皮を固定する際には、尿道が圧迫されて尿が出にくくなるか、出なくなってしまう可能性があります。

気づかないまま長期間にわたって包茎矯正リングを装着していると、膀胱が拡張されて腎機能障害を引き起こす可能性があることに注意が必要です。

精神的負担が大きくなる

包茎の矯正を始めても、長期的な取り組みが必要です。

気軽に始められますが、その過程で精神的な負担も大きくなっていきます。

包茎矯正リングを使用しても、余剰な包皮を縮める効果は期待できず、時間をかけても包茎の根本的な治療にはなりません。

ただ徒労感だけが増える結果となってしまいます。

包茎の矯正リングを使う時の注意点はある?

自分の包茎タイプを把握する

包茎の症状を理解せずに、包茎矯正リングや、他の矯正グッズを試すことはお勧めできません。

実際に、特定の矯正グッズは、特定の包茎のタイプには適していない場合もあります。

包茎には3種類のタイプがあります:仮性包茎、真性包茎、カントン包茎です。

包茎によって引き起こされる悩みも異なります。

たとえば、真性包茎は、包皮がいつも亀頭を覆っているために亀頭が敏感で早漏気味になること、繰り返し起こる炎症やニオイの発生などが挙げられます。

包茎の状態を正しく理解するために、包茎治療を提供するクリニックで無料カウンセリングを受けることをおすすめします。

矯正リングの効果を理解する

剥き癖を付ける矯正であれば、包茎矯正リングを購入すれば簡単に始めることができます。

ただし、この方法は包茎の根本的な解決にはなりません。

ただ、一時的な改善策として、亀頭を外部の刺激に慣れさせたり、剥けている状態を試すことができます。

もし、友人とお風呂に入る時の「見た目」を気にしているけれど手術をしたくない場合は、包茎治療専門のクリニックに相談することをおすすめします。

包茎専門のクリニックでは、「切らない包茎手術」を行っているクリニックもあります。メスを使用しないので、傷跡も残らず、料金も低く設定していることが多いので、相談してみるだけでもメリットがあります。

包茎専門のクリニックなら、市販の包茎矯正リングを使用することで発生するよくあるリスクを回避し、手術をしないで包茎治療を試すことができます。

矯正リングで効果を実感するには長期間かかる

包茎矯正リングでは、剥き癖を短期間でつけることはとても難しいです。

効果を早く実感したいと思って亀頭の根元をしっかり固定してしまうと、さまざまなリスクが存在します。

根本的な改善を目指すなら、包茎手術が最も確実です。

包茎専門のクリニックなら、手術での「痛み」を和らげる措置を取っていますし、傷跡が目立たない術式を確立しているので、友人にバレることもありません。

仮性方形に輪ゴムは効果なし!逆に危険です!

包茎を治す方法として、包皮矯正リングを使用するのではなく、輪ゴムを使用する方法も方もいるようです。

この方法では、包皮を裏返して輪ゴムで固定し、しばらくその状態に慣れさせるという方法です。

しかし、残念ながらこの方法も効果がありませんし、包茎矯正リングと同じようなリスクがあります。

さらに、輪ゴムは細いため、ペニスに食い込んでしまう可能性もあり、リスクも高くなります。

仮性包茎を根本的に治すには手術がおすすめ!

包茎矯正リングを使用した方法は、包皮に剥き癖をつけて、常に亀頭を露出させるようにすることが目的としています。

しかし、矯正リングを装着しているだけでは、包茎の根本的な解決にはなりません。

さらに、市販の包茎リングを自己流で使用すると、亀頭や膀胱に損傷を与えるリスクがあることを認識しておく必要があります。

もし余った皮を切除しないで治療したい方は、包茎治療専門のクリニックに相談することをおすすめします。

包茎専門のクリニックでは、「切らない包茎手術」に対応しているクリニックが数多くあります。

ただし、余分な包皮を取り除き、根本的に包茎を治すには包茎手術しかありません。

切らない包茎手術の話ととともに、通常の、切除する包茎手術の話も聞いておきましょう。

それから、どちらを選ぶかを決断すれば良いのですから。

まずは、カウンセリングを受けることから始めましょう。

以下に、「切らない包茎手術」を行っている、おすすめのクリニックを紹介しています。

仮性包茎手術におすすめのクリニック厳選3選

メンズライフクリニック

メンズライフクリニック

ココが違う!メンズライフクリニックのおすすめポイント

  • 他院の修正手術でも人気の技術の高いクリニック
  • 医師がカウンセリングから診察まで担当!
  • 選べる術式が豊富にある!

3つのポイントをチェック!

実績 包茎専門クリニックとして30年の実績!
手術実績は10万件以上
費用 ・環状切開:90,000円 → 45,000円
(※期間限定55%OFF)
・亀頭直下:165,000円
・亀頭直下埋没法:275,000円
・切らない包茎矯正:33,000円~198,000円
アフターケア 完治するまで完全無料
追加料金は一切なし!アフターケア・麻酔代・薬代は全て費用に含まれる

亀頭直下のデザインカット
自然な仕上がり!
デザインカットも明朗会計>>

対応可能な術式
  • 環状切開
  • 亀頭直下埋没
  • 背面切開法
  • 切らない包茎矯正
診療時間 9:00~20:00
休診日 年中無休
店舗 全国15院
プライバシー
  • 完全予約制
  • 完全個室
  • スタッフは全員男性
予約方法 メンズライフクリニック公式サイト>>

亀頭直下のデザインカット
自然な仕上がり!
デザインカットも明朗会計>>

 

ABCクリニック

ABCクリニック

ココが違う!ABCクリニックのおすすめポイント

  • 茎手術と同時施術ならブツブツ除去費用が無料
  • 3日前予約で30%OFFキャンペーン
実績 年間12,000件以上の手術実績!
費用
  • ABC式CSカット:55,000円
  • ABC式Sカット:110,000円
  • ABC式カントン包茎Sカット:165,000円
  • ABC式真性包茎Sカット:165,000円
  • 切らない包茎矯正:55,000円
アフターケア アフターケアは無料で麻酔代・薬代は全て費用に含まれる

\WEB予約で30%OFF!/

無料カウンセリングで
仕上がり写真が見える!
無料カウンセリング予約はココ!>>

 

対応可能な術式
  • クランプを使用した環状切開法
  • 通常の環状切開法
  • 切らない包茎矯正
診療時間 10:00~20:00
休診日 年中無休
店舗 全国21院
プライバシー
  • 完全予約制
  • 完全個室
  • スタッフは全員男性
予約方法 公式サイトで予約する>>

ABCクリニック

\WEB予約で30%OFF!/

無料カウンセリングで
仕上がり写真が見える!
無料カウンセリング予約はココ!>>

 

 

上野クリニック

上野クリニック

上野クリニックのおすすめポイント

  • 失敗の可能性の低い「環状切開法」でキレイに仕上げる技術!
  • プランは2つだけの明朗会計!
実績
  • クリニック開設30年以上
  • 総来院者数30万人を突破
費用
  • ナイロン糸:79,200円
  • 吸収糸:110,000円
アフターケア アフターケアの追加料金無料
再手術は2,200円

 

上野クリニックの公式サイトはコチラ>>
  • 知名度抜群!実績30万人
  • ニックネームOK!
  • 手作業で仕上がりキレイ

無料カウンセリング予約はココ>>

対応可能な術式 環状切開法
診療時間 10:00-20:00
休診日 年中無休
店舗 全国に15院
プライバシー
  • 完全予約制
  • 完全個室
  • スタッフは全員男性
予約方法 上野クリニック公式サイト>>

 

上野クリニック

 

上野クリニックの公式サイトはコチラ>>
  • 知名度抜群!実績30万人
  • ニックネームOK!
  • 手作業で仕上がりキレイ

無料カウンセリング予約はココ>>

 

↓↓↓包茎手術のクリニック選びから学びたいならコチラ↓↓↓

包茎手術おすすめクリニック!包茎治療で後悔しない病院の選び方と費用
仕上がりがキレイな包茎手術のできるおすすめクリニックを紹介。また包茎治療で後悔しない病院の選び方や費用、包茎手術のメリットとデメリット、そして「切らないほうけい手術」についても解説。さらに泌尿器科との比較や保険適用でいくらになるのかも解説。