包茎手術おすすめクリニック!包茎治療で後悔しない病院の選び方と費用

包茎手術 おすすめ

(※本ページはプロモーションが含まれています。)

はじめに結果から見たい?

包茎手術をおすすめする理由

包茎には「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」の3種類があります。

それぞれの包茎のタイプ毎に、包茎手術の必要性とおすすめする理由を解説します。

仮性包茎の包茎手術の必要性とおすすめする理由

仮性包茎の場合、手で皮を剥けば亀頭が露出するので、一般的には手術の必要性はそれほど高くはありません。

しかしながら、できるならば包茎手術を受けることをおすすめします。

というのは、仮性包茎は勃起していない時は、常に亀頭が皮で覆われているため、衛生的に良い環境とは言い難いからです。

毎日皮を剥いて洗わなければ、恥垢がたまりやすく、悪臭を放つことになりますので、不衛生な状態となります。

また、見め目も悪く、知人とお風呂に入るときなど、常にタオルで隠すようになり、少なからずコンプレックスになっている方も少なくありません。

衛生的にも精神的にも包茎手術を受けることをおすすめします。

真性包茎の包茎手術の必要性とおすすめする理由

真性包茎とは、勃起した時だけでなく、平常時にも包皮が亀頭を覆っている状態のことで、自力で亀頭を露出させることができません。

そのため、恥垢が溜まりやすく、さらに尿に含まれるカルシウムが溜まってしまい、その結果、尿石が形成されることもあります。

これが原因で、痛みやかゆみが引き起こされることもあります。

また、真性包茎の場合、性交が困難になることも覚えておきましょう。

さらに、不衛生なペニスで性行為を行うことは、パートナーに感染症を引き起こすリスクも高まります。

このようなことからも、真性包茎はできるだけ早く治療する必要があります。

カントン包茎の包茎手術の必要性とおすすめする理由

カントン包茎は、包皮先端の口の部分が狭く、亀頭を露出しようとすると亀頭や陰茎に締めつけが起こるタイプの包茎です。

包皮の先端部が狭いにも関わらず無理に亀頭を露出させると、包皮が亀頭の根元を強く締め付け、元に戻らなくなり、場合によっては、うっ血して亀頭が大きく腫れてしまうこともあります。

最悪の場合、亀頭への血流が滞り、壊死させる可能性もあります。

また、自分で無理に包皮を剥こうとしたときだけでなく、セックスの際に意図せず包皮が翻転してしまい、カントン包茎になるケースもあります。

いずれの状態でも、早期の治療をおすすめします。

包茎手術の種類は?切らない包茎手術って何?

包茎手術の術式には、以下の7種類があります。

傷跡が目立たない術式は「亀頭直下埋没法」で、おすすめの術式です。

環状切開法

適応する包茎のタイプ

  • 仮性包茎
  • カントン包茎
  • 真性包茎

陰茎の真ん中部分で、余分な皮をグルリと1周して切除する術式です。

最もよく使われる術式で痛みも少ないが、陰茎の中央部分で縫合するので、ツートンカラーになりやすいのが欠点です。

亀頭直下埋没法(※おすすめ!)

適応する包茎のタイプ

  • 仮性包茎
  • カントン包茎
  • 真性包茎

亀頭直下埋没法は、余った皮を切除した後に、亀頭の下で縫合する術式です。

文字通り亀頭の真下の部分で傷を隠すようにして縫合するため、傷跡が目立たないのがメリットです。手術後、傷跡がほとんど目立たないので、一番おすすめの術式です。

陰茎根部切開法

適応する包茎のタイプ

  • 仮性包茎

「陰茎根部切開法」は、陰茎の根元で皮を切開する術式で、主に陰茎の根元付近で縫合します。

亀頭の下に若干の余分な皮が残る場合がありますが、手術後の瘢痕を陰毛で隠したい方にとって、この手法はおすすめです。

背面切開術

適応する包茎のタイプ

  • 真性包茎
  • カントン包茎

背面切開法は、男性の包皮を縦に切開し、縫合する際に横方向に縫合する手術方法です。切除する範囲が比較的小さいので身体への負担が少なく、傷の治りも早いため、成長期の子供に適しています。

ただし、適切な切開ラインで慎重に縫合をしないと、傷跡が目立つ可能性があります。また、この術式は難しいので、経験豊富は熟練した医師に施術してもらうのがおすすめです。

クランプ法

適応する包茎のタイプ

  • 仮性包茎
  • カントン包茎
  • 真性包茎

環状切開術の一つで、包皮をクリップで固定し、余分な包皮をガイドにそって切り取る術式です。

この術式は、全ての包茎タイプに対応していますが、ツートンカラーになりやすいのがデメリットです。

作図法(※旧式術式)

適応する包茎のタイプ

  • 仮性包茎
  • カントン包茎
  • 真性包茎

包皮を包皮環で固定する術式で、現在、あまり一般的に使用されていません。

傷跡が目立つことと、ツートンカラーになりやすいのがデメリットです。

切らない手術

適応する包茎のタイプ

  • 仮性包茎

余った包皮を根本に寄せて糸で縫合したり、亀頭にヒアルロン酸を注入して、亀頭を増大することで、皮が亀頭を覆わないおうにしたり、あるいは、身体に埋没した陰茎を引っ張り出すことで陰茎を長くして皮が余らないようにしたりするなど、クリニックによって用いる術式はいろいろです。

基本的に仮性包茎を対象とした術式で、包茎の根本的な治療ではありません。

 

包茎手術の術式には、上記した7種類があります。

 

代表的な手術方法は「環状切開法」で、最も用いられ、リスクの少ない術式です。

 

また、最も、自然な仕上がりで、傷跡が目立たないのは「亀頭直下埋没法」です。

当サイトが、一番おすすめする術式です。

 

どの術式を選ぶかは、無料カウンセリングで医師と相談しながら決めましょう。

病院の選び方で後悔しない3か条

ここでは、包茎手術を受けるクリニックを選ぶ際の『後悔しない3か条』を紹介しています。

クリニック選びに大切なことは、たくさんありますが、ここでは、重要な項目を3つに絞って解説しています。

実績のあるクリニックを選ぶ

包茎手術 おすすめ

包茎手術を受けるクリニックを選ぶときに重要なのは、そのクリニックの実績や症例数です。

包茎手術は、どの術式を選んでも、仕上がりにおいて経験数が影響します。

そのため、クリニックの実績や症例を確認して、そのクリニックの技術力や経験を把握することが重要です。

実績や症例が豊富なクリニックは、手術の技術や経験を積んでいるので、安心して手術を受けることができます。

実績や症例の確認には、症例写真やビフォーアフターの写真を見ることが有効ですし、仕上がりをイメージすることができます。

カウンセリングの際に、症例写真を見せてくれるクリニックは信頼感が高いです。

以上のように、クリニックの実績や症例を確認することは、包茎手術を受ける際に非常に重要なポイントです。

明朗会計のクリニックを選ぶ

包茎手術 おすすめ

包茎手術を受ける際には、明朗会計のクリニックを選びましょう。

包茎手術は保険適用外の自由診療であるため、クリニックによって費用は大きく異なります。

なので、まずは、自身の予算に合わせたクリニックを選ぶ必要があります。

カウンセリングの際には、ホームページに記載されている料金以外に請求されないかも確認しましょう。

また、必要のないオプションを追加しないことも、治療費を抑えるうえで大切です。

さらに、クリニックが提供している割引やキャンペーンなどの特典があるかどうかも確認することをおすすめします。

アフターケアが充実しているクリニックを選ぶ

包茎手術 おすすめ

包茎手術を受ける際には、アフターケアが充実しているかクリニックであることも確認しましょう。

包茎手術は、手術後の経過やケアが非常に重要ですので、手術後もしっかりとサポートしてくれるクリニックを選ぶ必要があります。

術後に、傷口の回復が遅いと不安になったりもします。また、想像していたよりも傷跡が目立つ場合もあるかもしれません。

なので、カウンセリングの際には、手術後のフォロー内容や期間、傷跡が目立つ場合などにおける再手術についても確認しておきましょう。

後悔しないためにも、アフターケアの充実したクリニックを選ぶことが大切です。

包茎手術のおすすめクリニック6選!

包茎手術 おすすめ

こちらでは、仕上がりが自然でキレイな包茎手術のできるクリニックを紹介しています。

包茎はデリケートな悩みです。

包茎手術への取り組み方は、クリニックによって特徴が異なります。

後悔しないためにも、2~3つのクリニックで無料カウンセリングを受けてから、どのクリニックで手術を受けるかを判断することをおススメします。

メンズライフクリニック 迷ったらココ!

メンズライフクリニック

ココが違う!メンズライフクリニックのおすすめポイント

  • 他院の修正手術でも人気の技術の高いクリニック
  • 医師がカウンセリングから診察まで担当!
  • 選べる術式が豊富にある!

3つのポイントをチェック!

実績 包茎専門クリニックとして30年の実績!
手術実績は10万件以上
費用 ・環状切開:90,000円 → 45,000円
(※期間限定55%OFF)
・亀頭直下:165,000円
・亀頭直下埋没法:275,000円
・切らない包茎矯正:33,000円~198,000円
アフターケア 完治するまで完全無料
追加料金は一切なし!アフターケア・麻酔代・薬代は全て費用に含まれる

亀頭直下のデザインカット
自然な仕上がり!
デザインカットも明朗会計>>

対応可能な術式
  • 環状切開
  • 亀頭直下埋没
  • 背面切開法
  • 切らない包茎矯正
診療時間 9:00~20:00
休診日 年中無休
店舗 全国15院
プライバシー
  • 完全予約制
  • 完全個室
  • スタッフは全員男性
予約方法 メンズライフクリニック公式サイト>>

メンズライフクリニックの詳細ページメンズライフクリニック公式サイト

 

ABCクリニック

ABCクリニック

ココが違う!ABCクリニックのおすすめポイント

  • 茎手術と同時施術ならブツブツ除去費用が無料
  • 3日前予約で30%OFFキャンペーン
実績 年間12,000件以上の手術実績!
費用
  • ABC式CSカット:55,000円
  • ABC式Sカット:110,000円
  • ABC式カントン包茎Sカット:165,000円
  • ABC式真性包茎Sカット:165,000円
  • 切らない包茎矯正:55,000円
アフターケア アフターケアは無料で麻酔代・薬代は全て費用に含まれる

\WEB予約で30%OFF!/

無料カウンセリングで
仕上がり写真が見える!
無料カウンセリング予約はココ!>>

 

対応可能な術式
  • クランプを使用した環状切開法
  • 通常の環状切開法
  • 切らない包茎矯正
診療時間 10:00~20:00
休診日 年中無休
店舗 全国21院
プライバシー
  • 完全予約制
  • 完全個室
  • スタッフは全員男性
予約方法 公式サイトで予約する>>

ABCクリニック

ABCクリニックの詳細ページABCクリニック公式サイト

 

上野クリニック

上野クリニック

上野クリニックのおすすめポイント

  • 失敗の可能性の低い「環状切開法」でキレイに仕上げる技術!
  • プランは2つだけの明朗会計!
実績
  • クリニック開設30年以上
  • 総来院者数30万人を突破
費用
  • ナイロン糸:79,200円
  • 吸収糸:110,000円
アフターケア アフターケアの追加料金無料
再手術は2,200円

 

上野クリニックの公式サイトはコチラ>>
  • 知名度抜群!実績30万人
  • ニックネームOK!
  • 手作業で仕上がりキレイ

無料カウンセリング予約はココ>>

対応可能な術式 環状切開法
診療時間 10:00-20:00
休診日 年中無休
店舗 全国に15院
プライバシー
  • 完全予約制
  • 完全個室
  • スタッフは全員男性
予約方法 上野クリニック公式サイト>>

 

上野クリニック

上野クリニックの詳細ページ上野クリニック公式サイト

 

皐月クリニック

皐月クリニック

皐月クリニックのおすすめポイント

  • パイプカットから性病治療まで対応の男性専門クリニック
  • 40~50代の患者さんも多数来院
実績
  • クリニック開院:13年以上
  • 医院長の経歴:33年以上
費用
  • CC法(環状切開):55,000円
  • マイクロカット法:165,000円
  • マイクロVカット法:275,000円
  • ナチュラルカット法:440,000円
  • 切らない包茎手術:27,500円
アフターケア アフターケア料金は完全無料!

皐月クリニック

対応可能な術式
  • 環状切開術
  • 亀頭直下デザイン縫合術
  • 切らない包茎矯正
診療時間 9:00~21:00
休診日 不定休
店舗 全国6院
プライバシー
  • 完全予約制
  • 完全個室
  • スタッフは全員男性
予約方法 皐月クリニック公式サイト>>

皐月クリニック詳細ペ―ジ

 

アトムクリニック

アトムクリニック

アトムクリニックのおすすめポイント

院長が手術を行う(予約が必須!)
実績
  • 包茎治療10年以上
  • 手術実績15,000件以上
費用
  • 包茎MTトライアル:69,800円
  • 基本美容包茎手術:
  • Narumi式美容包茎手術:438,900円
アフターケア 完治するまで完全無料

無料カウンセリング<3つのメリット>

  1. 疑問不安がなくなる
  2. 明朗会計で納得できる
  3. 仕上がりがどうなるか分かる

無料カウンセリング予約は公式サイト

対応可能な術式 ・切らない包茎矯正
・環状切開術
・亀頭直下デザイン縫合術
診療時間 11:00~20:00
休診日 年中無休
店舗 全国5院
予約方法 アトムクリニック公式サイト>>

アトムクリニック

アトムクリニック詳細ページアトムクリニック公式サイト

 

東京ノーストクリニック

東京ノーストクリニック

東京ノーストクリニックのおすすめポイント

  • 全国35院にあり、出張や転勤でも安心!
実績
  • 開院33年
  • 施術実績12万件以上
費用
  • 環状切除術:66,000円(WEB予約割引)
  • 切らない包茎手術:33,000円
アフターケア アフターケアは追加料金なし

 

東京ノーストクリニックの公式サイトはコチラ>>
  • 包茎手術で実績33年!
  • 美容的縫合で自然な仕上がり
  • 最新麻酔技術で痛み軽減

無料カウンセリング予約はココ>>

対応可能な術式
  • 切らない包茎矯正
  • 環状切開術
診療時間  10:00~20:00
休診日 年中無休
店舗 全国35院
プライバシー
  • 完全予約制
  • 完全個室
  • スタッフは全員男性
予約方法 東京ノーストクリニック>>

東京ノーストクリニック

東京ノーストクリニック詳細ページ東京ノーストクリニック公式サイト

 

包茎手術のメリットとデメリット

どんな手術においても、メリットもあれば、デメリットもあります。

ここでは、包茎手術における「メリット」と「デメリット」を紹介しています。

1.包茎手術のデメリット|費用がかかる

包茎手術は、ほぼすべてのケースで保険が適用されない自由診療扱いになるため、手術費用は高くなります。

手術費用は、術式や選んだクリニックによって異なりますが、一般的には10万円から30万円程度の費用がかかります。

また、手術後のアフターケアは無料で提供されるクリニックを選ぶことで治療費を抑えることができます。

2.包茎手術のデメリット|傷跡が残る

包茎手術は、余った皮を切除することで亀頭を露出させる手術ですが、切除痕が残る可能性があります。

切除痕は、術式や個人の体質によって異なることがありますが、通常は手術後に赤みや腫れが引いた後、白く細い線のようになります。

切除痕は、時間の経過と共に目立たなくなりますが、完全に消えることはありません。

なので、包茎手術においては傷跡が亀頭の傘の下に隠れるような術式を採用しているクリニックを選びましょう。

そうすることで、傷跡が目立たなくなり、より自然な見た目の仕上がりになるでしょう。

1.包茎手術のメリット|コンプレックスが解消する

包茎手術によって、亀頭を露出させることで、ペニスの見た目が良くなります。

包茎ではなくなることよって、自信や自尊心が高まり、心理的なストレスやコンプレックスを解消することができるのです。

さらに、包茎が改善されることで、パートナーとの性生活においても自信を持つことができるでしょう。

また、包茎のコンプレックスは、日常生活のささいな出来事にも影響を及ぼすことがあります。

例えば、「尿が跳ねる」といったトイレでの問題もありますよね。

手術によって包茎が解消されれば、これらの悩みの原因も解消することができます。

包茎手術を受けることの最大のメリットが、包茎のコンプレックスが解消されることです。

2.包茎手術のメリット|病気の予防

包茎手術を受けることによって、包茎による様々な病気を予防することができます。

包茎の状態では亀頭部分が不衛生になりやすく、病原菌が繁殖する可能性があります。

具体的には包皮炎や亀頭炎、尿道炎などの炎症が引き起こされるだけでなく、性器ヘルペスや尖圭コンジローマ、性器クラミジア感染症などの性感染症を発生するリスクがあります。

性感染症は自分だけでなく、パートナーにも感染する可能性があるため、なるべく早めに対策を取ることが重要です。

包茎手術を受けることで、亀頭部分の衛生状態を改善し、病原菌の繁殖を防ぐことができます。

これにより、包皮炎や亀頭炎、尿道炎の発症を予防するだけでなく、性感染症を引き起こすリスクも低減することができます。

なので、包茎に悩んでいる場合は早めに包茎手術を受けることを検討しましょう。

4.包茎手術のメリット|早漏が改善する可能性がある

包茎のままだと、包皮が常に亀頭を覆っているため、外部からの刺激に非常に敏感です。

そのため、性交時や自慰行為の際に、早漏になることがあります。

しかし、包茎手術を受けて亀頭を露出させると、外部から刺激に慣れるようになり、早漏の改善が期待できます。

包茎手術を受けることで、早漏の悩みが解消され、性行為やマスターベーションをより楽しむことができるようになる方もいらっしゃいます。

後悔しないクリニックはメンズライフクリニック

メンズライフクリニック

ココが違う!メンズライフクリニックのおすすめポイント

  • 他院の修正手術でも人気の技術の高いクリニック
  • 医師がカウンセリングから診察まで担当!
  • 選べる術式が豊富にある!

3つのポイントをチェック!

実績 包茎専門クリニックとして30年の実績!
手術実績は10万件以上
費用 ・環状切開:90,000円 → 45,000円
(※期間限定55%OFF)
・亀頭直下:165,000円
・亀頭直下埋没法:275,000円
・切らない包茎矯正:33,000円~198,000円
アフターケア 完治するまで完全無料
追加料金は一切なし!アフターケア・麻酔代・薬代は全て費用に含まれる

亀頭直下のデザインカット
自然な仕上がり!
デザインカットも明朗会計>>

対応可能な術式
  • 環状切開
  • 亀頭直下埋没
  • 背面切開法
  • 切らない包茎矯正
診療時間 9:00~20:00
休診日 年中無休
店舗 全国15院
プライバシー
  • 完全予約制
  • 完全個室
  • スタッフは全員男性
予約方法 メンズライフクリニック公式サイト>>

包茎手術を受ける流れ

包茎クリニックで手術を受けるまでの流れを紹介します。

ほとんどのクリニックでは、無料でカウンセリングを行っているので、必ず相談をして、納得した上で施術を受けるようにしましょう。

また、アフターケアの内容は、クリニックによって異なります。どのようなケアをしてくれるのかも確認しておきましょう。

1.予約

まず、希望のクリニックでカウンセリング予約を入れましょう。

多くのクリニックでは、手術内容に同意すると、診察から実際の手術まで1日で終わらせることができます。

予約方法はクリニックによって異なりますが、電話やメール以外にも、クリニックのWEBサイトの専用フォームからも予約を受け付けていることが多いです。

電話での予約の場合、時間帯によってはつながらないこともあるため、24時間対応のWEB予約が便利で確実です。

2.カウンセリング&診察

予約日がやってきたら、クリニックで包茎手術に関するカウンセリングと診察を受けることになります。

このカウンセリングと診察の中で、さまざまな内容について相談することができます。

手術を受けるまでの流れや、手術のリスクはもちろん、仕上がりのイメージなども聞くことができます。

また、治療費の支払い方法や、術後の過ごし方、アフターケアについての説明もここで受けます。

包茎手術に関する不安や疑問などがあれば、ここで聞いておきましょう。

3.治療費の支払い

多くのクリニックでは、手術費用は事前に支払うことが多いです。

カウンセリングや診察を受け、手術内容や仕上がりのイメージに納得した場合に手術を受けましょう。

もし未成年の方であれば、保護者の同意書が必要です。

手術の申し込み手続きが完了すると、先に支払いとなります。

支払い方法としては、現金やクレジットカードのほかに、メディカルローンを利用できるクリニックも多く存在します。

4.手術

手術にかかる時間は大体30~40分ほどで、それほど長くありません。

手術中は部分麻酔を使用するので、痛みを心配する必要はありません。

また、手術後には痛み止めの薬を処方してもらえるので、手術後の痛みも心配いりません。

ただ、痛み止めを必要としない方が多いです。

手術が終わったら、医師から手術の説明を受けて、処方薬や包帯などをもらって帰宅することができます。

また、手術後の経過を考えると、当日は仕事や学校を休む方が良いかもしれません。

5.アフターケア

包茎手術を受けた後も、多くのクリニックではアフターケアを受けることができます。

抜糸や経過観察が必要な場合、術後に次の来院予約を取ることもあります。

もし術後に何か異変や違和感を感じた場合は、できるだけ早くクリニックに相談することが大切です。

クリニックの中には、術後の何か疑問や問題があればいつでも相談できる所もあります。

術後に感じた異変をそのままにしたり、クリニックの指示を無視して過ごしてしまうと、仕上がりに後悔するかもしれません。

術後の異変を放置せず、アフターケアの一環としてクリニックと相談しながら、後悔のない包茎手術を受けてください。

包茎手術後に自分で行うアフターケア

アフターケアが万全のクリニックを選ぶ必要はありますが、ここでは、自分でもできるアフターケアについて解説します。

術後には、クリニック側からも説明があるかと思いまいますが、予備知識としては把握しておきましょうね。

1.患部の消毒

手術を受けた後は、傷口から感染させないために、患部を消毒したり、必要に応じて抗生物質を服用したりします。

手術後の1週間くらいが特に重要な期間で毎日の消毒が必要となることが多いです。

また、切除した範囲が広い場合、抗生物質を服用することもあります。

いずれにしても、術後にクリニックからの説明をしっかりと聞いておきましょう。

2.患部を冷やす

術後に、患部が腫れたり痛んだりすることがあります。

この場合、冷却パッドや氷嚢などを使って傷を冷やすように説明を受けることがあります。

一般的に、冷却は手術後3日~5日間は毎日行います。その後は必要に応じて行います。

患部の冷却は、仕上がりにも関係することなので、手を抜かずにしっかりと行いましょう。

また、冷却する際には、タオルなどで傷口を包んで、肌に直接当てないようにして下さいね。

3.運動を控える

手術を受けた後は、傷口が完治するまで、無理な運動は控え、重い物などを持ち上げないようにしましょう。

また、ペニスと密着するような下着(ボクサーパンツなど)やズボンを履かないようにしましょう。

このように、術後2週間~1ヶ月間程度は患部に圧力をかけないようにしましょう。

4.入浴を控える期間

包茎手術後1週間程度は入浴を控えましょう。

なので、その間はシャワーを使用してください。

ただし、シャワーが直接傷口に当たらないように気をつけてください。

5.性行為を控える期間

包茎手術を受けた後は、完全に傷が治まるまで、マスターベーションや性行為は控えてください。

傷口が完治する前に刺激を与えると、出血や炎症、感染のリスクが高まるからです。

手術後は、最低でも1ヶ月の禁欲期間が必要です。

手術後のアフターケアは、仕上がりの綺麗さに影響するので、必ず医師の指示に従って実施してください。

包茎手術に関するよくある質問

ここでは、包茎手術に関する「よくある質問」を紹介しています。

1.包茎手術は受けた方が良いのですか?

包茎手術を受けるべきかは、主に「医療的な理由」と「個人的な理由」によります。

医療的な理由では、包皮の狭さや異常な形状により、性交時や日常生活で不都合が生じることがあるので、手術を推奨しています。

また、真性包茎の場合、陰茎の先端を覆ってしまうことにより、汗や尿が溜まりやすく、感染症のリスクを高めるので、包茎手術の必要性は高まります。

一方、個人的な理由では、見た目によるコンプレックの解消、パートナーとの性行為時の不快感の解消といったことが手術を受ける理由となります。

いずれにしても、カウンセリングで包茎の悩みや、手術に対する不安や希望などを伝えて上で、手術を受けるかを判断することが大切です。

2.一般的な包茎手術の術式は何ですか?

一般的に、「環状切開法」「亀頭直下埋没法」「クランプ法」の術式で手術を行うことが多いです。

費用はもちろんですが、包茎のタイプや、傷跡の目立たなさを考慮して、どの術式を選ぶかを判断してくさい。

包茎手術の種類はこちら>>

3.跡は目立ちませんか?

「亀頭直下埋没法」の術式で包茎手術を受ければ、亀頭の傘の下に傷跡が隠れます。

傷跡が目立つことがない術式で、当サイトで一番おすすめしている術式です。

4.切らない包茎手術は可能ですか?

クリニックによっては、「切らない包茎手術」を行っているところもあります。

切らない包茎手術では、切除をする必要がないため痛みが少ないというメリットがあります。

ただし、切らない包茎手術にはいくつかのデメリットもあります。

まず、切らない包茎手術は、仮性包茎にしか適用できません。

また、多くの場合、余った皮をペニスの根本に寄せて縫合する術式が採用されているので、包茎の根本的に完治させるものではありません。

(※クリニックによっては、亀頭増大や長茎術を用いることもあります。)

5.麻酔はペニスに打つのですか?

麻酔は、直接ペニスに打ちます。

ただし、最新の麻酔方法では、事前に麻酔テープやスプレー式の麻酔を施してから、麻酔注射を打つので、痛みはほとんど感じません。

6.術後に勃起すると痛いですか?

朝勃ちや自然な勃起では、痛みを感じることはありません。

しかし、性的な興奮による勃起の場合、ペニスに血液が急激に流れるため、傷口が開いたり、出血が発生したりする可能性があるので注意が必要です。

7.包茎手術を受ける際に注意することは何ですか?

手術を受ける前には、信頼できるクリニックを選ぶことが重要です。

そのためには、カウンセリングの際に、術式やそのリスク、手術費用、手術後のケアについて十分に理解し、納得することが大切です。

手術前に受けるカウンセリングで、不安や疑問など、気になることは全て質問するようにしましょう。

8.包茎手術の費用はどのくらいかかりますか?

手術費用は、クリニックによって違ってきますが、一般的には10万円~30万円の範囲で変動することがあります。

ただし、WEB予約割引などを行っているクリニックもあるので、HPをチェックしておきましょう。

また、クリニックによっては、術後の薬代、アフターフォロー、通院処置費、保証などが含まれているので、カウンセリングの際に確認しておきましょう。

9.健康保険は使えますか?

一般的に、包茎手術は、健康保険の適応外となります。

ただし、真性包茎や強度のカントン包茎の場合は、保険が適用される術式があります。

ただし、保険適用となるのは、泌尿器科で手術を受けた場合です。

さらに保険適用の術式では、傷跡が目立ちやすく、ツートンカラーになりやすいことを理解しておく必要があります。

当サイトで紹介しているクリニックは、自由診療のクリニックなので泌尿器科よりも費用は高めですが、仕上がりが自然でキレイになるのがメリットです。

10.包茎手術でペリカン変形にならない方法は?

ペリカン変形を予防するためには、包茎手術後のアフターケアが非常に重要です。

また、包茎手術後は、安静に過ごすことも大切となります。

なので、術後は、医師の指示に従って生活することが重要です。

日常生活で注意しなければならない制約や制限がある場合もありますので、きちんと指示に従いましょう。

自分で出来るアフターケア>>

まとめ

後悔しない包茎手術のクリニックの選び方は、

  • 実績
  • 費用
  • アフターケア

の3つのポイントをしっかりとチェックすることが重要となります。

それに加えて、クリニック独自の特徴も加味しましょう。

これから包茎手術を受けようか迷っている方の多くが、

  • 仕上がりをキレイにしたい
  • できるだけ治療費を抑えたい

と考えているでしょう。

多くの口コミを調査してきた分かったことは、「仕上がりに満足している方は、治療費が多少高くても納得している」ということです。

想像以上に高額なのは問題ですが、許容範囲であれば「治療費よりも仕上がりを重視する」傾向にあります。

その意味でも、メンズライフクリニックを真っ先におすすめします。

他院の修正治療を数多く手がけているほど技術は高く、それでいて治療費も高額とまで言えません。

仕上がりと治療費のバランスの取れた包茎治療専門のクリニックです。

まずは、無料のカウンセリングを受けてみることから始めましょう。

亀頭直下のデザインカット
自然な仕上がり!
デザインカットも明朗会計>>